ユニクロ、社外協力者の個人情報804件が流出の可能性

画像:株式会社ユニクロより

2019年1月30日、株式会社ユニクロは同社の商品開発・販売促進に係る国内外の社外協力者の個人情報804件が流出した可能性があると発表しました。

社外協力者の情報を管理するWEBサイトのURLやユーザーID、パスワードがインターネット上に公開されていたことが原因と考えられます。これらは2017年9月〜2019年1月16日まで公開されていたことがわかっています。

ユニクロオンラインストアやユニクロ店舗、アプリにおける個人情報流出の可能性は無いようです。

発覚からの対応

2018年1月15日、同社社員が発見し、サイトシステムを管理する外部委託先に削除を依頼。公開情報は削除され、すべてのパスワードを変更、WEBサイトについては関係者以外閲覧ができないよう制限をしているとのことです。

また、今後の対応としては、外部委託先の管理及び社内の情報セキュリティ管理体制の強化を徹底するとしています。

流出した情報は

社外協力者804名の内訳は、日本448名、海外356名。流出情報の内容は下記の通りです。

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 職業
  • 業種
  • 子供の有無

参照一部の社外協力者の個人情報流出の可能性に関するお知らせとお詫び/株式会社ユニクロ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?