画像:個人情報紛失に関するお詫び/株式会社 銀座十字屋より

株式会社銀座十字屋は2019年1月15日、同社の従業員が会社貸与のPC端末及びUSBメモリを紛失したと明らかにしました。

同社によると、紛失したUSBメモリには同社顧客の個人情報が含まれていたとのこと(件数は非公開)。流出による二次被害などは確認されていません。

外出中に置き忘れる

銀座十字屋の説明によると、紛失が発生したのは2018年12月25日。同社従業員が外出時にPC端末及びUSBメモリを持ち出した際、帰宅時の電車内に置き忘れた紛失したとのことです。

なお紛失に関わった従業員はその後、駅職員に問い合わせましたが発見には至らず。警察署に遺失物の届け出るなど対応を進めている状況です。

個人情報保護委員会に報告へ

銀座十字屋は今回のインシデントを受け、個人情報保護委員会への届け出を実施しました。また社内管理体制の強化など、再発防止策に努める方針を示しています。

参照個人情報紛失に関するお詫び/株式会社 銀座十字屋

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?