フリマアプリへ不正アクセスし商品を不正購入|男性2名を逮捕

千葉県警および三重県警は2019年1月8日、フリマアプリのユーザーへ不正アクセスを行い携帯電話などを転売していた疑いで、男性2名を逮捕したと明らかにしました。

両県警によると、男性らは組織ぐるみで他者のアカウントに不正アクセスを行い、登録クレジットカードやポイントを利用して携帯電話を購入。三重県四日市市に位置する拠点事務所で受領・転売していた疑いが持たれています。

数年前から活動していた疑い

両県警は、男性らの組織が数年前から同様の不正アクセスを繰り返し、実に1,000件超のアカウントにサイバー攻撃を仕掛けたものとしています。

犯行は組織化・分担化して手掛けられ、不正アクセス担当者は侵入したアカウントの登録配送先を三重県四日市市に位置する組織の事務所へと変更。配送された商品を受取担当者が受領し、買取ショップなどで転売していたとのこと。

具体的な被害金額は明らかにされていませんが、相当な金額になりそうです。なお今回逮捕された男性らは受取役と見られており、県警は捜査を進める方針です。

参照フリマアプリ不正、2人逮捕 なりすまし購入容疑/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?