画像:【重要】学生の個人情報を保存したUSBメモリの紛失について(お詫び)/札幌学院大学より

札幌学院大学は2018年12月18日、同大学に所属する非常勤講師が生徒などの個人情報合計210件を紛失したと明らかにしました。

同大学によると、講師は紛失期間中に私用で東京に移動。帰宅後に紛失に気付き捜索を進めたものの、記事発表時点では発見に至っていないとのことです。

各方面に連絡するも発見には至らず

札幌学院大学の発表によると、講師は2018年11月20日に学内でUSBメモリを使用したのち、私用で東京に向けて移動。その後2018年11月26日になり、授業の準備のために非常勤講師室に移動したところ、USBメモリの紛失に気付いたとのこと。

紛失した講師は大学に報告を行うとともに、利用した公共交通機関や宿泊施設・警察機関などに連絡したものの、記事発表時点でUSBメモリは発見に至っていません。

学生情報が含まれる

USBメモリには、「論述・作文」を受講した学生の個人情報や成績データなど合計210件が含まれていました。詳細は下記の通りです。

対象 件数 内容
2016年度の学生 34名 学籍番号、氏名、提出課題
2017年度の学生 85名 学籍番号、氏名、提出課題、出席状況、成績
2018年度の学生 91名 学籍番号、氏名、提出課題、出席状況、成績

    ただし出席状況及び成績データはパスワードにより暗号化されているとのこと。また記事発表時点で二次被害等は確認されていません。

    参照【重要】学生の個人情報を保存したUSBメモリの紛失について(お詫び)/札幌学院大学

    情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

    メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

    1.はじめに


    2.近年の個人情報漏洩の状況


    3. 内部要因による情報漏洩
    3-1.被害実例
    3−2.内部犯行による被害統計情報
    3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
    3-4.内部犯行を減らすための対策


    4. 外部要因による情報漏洩
    4−1.近年の個人情報漏洩の状況
    4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
    4−3.サイバー攻撃の統計情報
    4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
    4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
    4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
    4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
    4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

    無料でここまでわかります!
    ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?