画像:牛久フィルムコミッションのメールアドレス誤送信についてのお詫びとご報告/牛久市観光協会より

牛久市観光協会は2018年12月10日、協会が運営する牛久フィルムコミッションのエキストラ登録者に向けてメールを送信する際に、送信設定を誤り385件メールアドレスが流出したと明らかにしました。

協会によると、エキストラ参加者らに募集お知らせメールを送信する際に、宛先を「BCC」とすべきところを誤って「TO」としたことが原因。協会は謝罪を表明した上で、また協会は再発防止に向けてセキュリティ体制の強化を行うとしています。

二次被害のリスクを懸念

牛久市観光協会は、受信者らに向けてメールを削除するよう要請。また流出に伴う二次被害に対して警戒を呼び掛けています。流出したメールアドレスが悪用され、なりすまし行為やフィッシングメールなどに利用される可能性を踏まえての配慮です。

誤送信とは背景が異なりますが、過去には不正アクセスにより流出したアドレスが名簿化され、別の犯罪行為に使用されるケースは数多く確認されています。

参照牛久フィルムコミッションのメールアドレス誤送信についてのお詫びとご報告/牛久市環境協会

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?