株式会社EDIT MODE(エディットモード)は2018年12月7日、同社の公式サイトが何者かの不正アクセスを受け、クレジットカード情報を含む個人情報最大1万4,679件が漏洩した可能性があると明らかにしました。

エディットモードによると、サイトアップデートの際に委託先の管理会社の不手際を起こし、外部アクセスに対して脆弱性が生じたことが原因。同社は不手際を起こした管理会社との契約を解消し、顧客対応を進めています。

決済代行会社の指摘により発覚

インシデントは2018年7月11日、クレジットカードの決済代行会社から「カード情報流出の懸念」について指摘を受けたことにより発覚しました。

指摘を受けエディットモードが外部調査機関に調査を依頼したところ、不正アクセスは2018年3月7日~2018年7月11日の間に発生し、登録したカード情報が抜き取られた可能性が高いと判明。

更に不正アクセスを受けた原因が同社サイトの管理会社にあり、2018年1月にセキュリティ向上を目的としたアップデートを実施した際に不手際を起こし、外部アクセスが容易な状態にあったとしています。

カード情報が流出

今回のインシデントの影響により、同社が保有するクレジットカード情報のうち最大1万4,679件に流出の懸念が生じています。2018年3月7日~2018年7月11日にECサイトでカード決済した顧客が対象。

ただしエディットモードによると、期間中に有効に決済が行われた件数は2,169件であり、残りはカードの有効性確認による処理とのことです。

流出したカード情報の内訳は下記の通りです。

  • カード名義人
  • クレジットカード番号
  • クレジットカードの有効期限
  • セキュリティコード

〈参照〉不正アクセスにより個人情報流出に関しまして/エディットモード

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?