画像:不審メール被害の報告及び迷惑メール送信に関するお詫び/新潟大学より

国立大学法人新潟大学は2018年12月6日、学生がフィッシングメール詐欺を受け第三者にアカウントを乗っ取られ、合計2万6,000件もの迷惑メールを送信したと明らかにしました。

新潟大学によると、アカウント内部には学外・学内関係者の氏名やメールアドレスが記載されており、攻撃者に個人情報を不正閲覧された可能性もあると説明しています。

支払い通知を偽装か

新潟大学によると、被害は2018年8月24日に発生。当該学生に向けて支払い通知を装ったフィッシングメールが届けられ、偽サイトへと誘導される被害を受けました。

その後の攻撃者の行動は素早く、同日中には不正アクセスが発生。2018年8月28日には当該メールアドレスが乗っ取られ、合計2万6,000件もの迷惑メールを送信される被害が生じたとのことです。

流出情報の内訳は?

新潟大学によると、今回の不正アクセスによる影響は下記の通りです。

学外者

  • 氏名、メールアドレス:12件
  • 氏名、メールアドレス、電話番号:2件
  • 氏名、メールアドレス、住所:3件

学内者

  • 氏名、メールアドレス:64件
  • メールアドレスのみ:2件
  • 氏名、メールアドレス、電話番号:3件
  • 氏名、メールアドレス、住所:26件

同校は被害の拡大や再発防止に向け、メールアカウントの停止を決定。学生や教員に対してもフィッシングメールに対して注意するよう呼び掛けています。

参照不審メール被害の報告及び迷惑メール送信に関するお詫び/新潟大学

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?