大阪市環境局職員によるメール誤送信で事業者ら85件の情報が流出|サイバーセキュリティ.com

大阪市環境局職員によるメール誤送信で事業者ら85件の情報が流出



画像:Team OSAKAネットワーク登録事業者の個人情報の漏えいについて/大阪市より

大阪市は2018年11月30日、産官学連携ネットワーク「Team OSAKAネットワーク」のメールマガジンを配信する際に送信設定を誤り、登録事業者らの個人情報が流出したと明らかにしました。

市によると、影響を受けた事業者らは合計85件。各事業者のメールアドレスや担当名など情報が流出したと説明しています。

送信設定を誤る

大阪市の説明によると、インシデントは2018年11月30日に発生しました。「Team OSAKAネットワーク」を担当する大阪市環境局の職員がメールマガジンvol.67を配信する際に、本来「BCC」設定ですべきところを誤って「TO」設定で送信。これにより宛先間で情報の共有が行われ、流出が確定したとのことです。

なお担当職員は送信してからミスに気付き、同日中に報告。現在はメールマガジンの配信先に向けて、該当するメールの削除を要請しています。

参照Team OSAKAネットワーク登録事業者の個人情報の漏えいについて/大阪市




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。