画像:電子メールの誤送信について/伊奈町より

埼玉県伊奈町は2018年11月26日、同町消防指令センターが提供する緊急通報用メールサービス「メール119」について、複数のメールアドレスが表示された状態で誤送信を起こしたことを明らかにしました。

同町によると、誤送信により影響を受けたのは、メール119システムにメールアドレスを登録している利用者ら合計56名。同町は関係者に対して謝罪を表明しています。

メール送信設定を誤る

伊奈町の説明によると、2018年11月20日に同町の職員がメールを登録者に向けメールを一斉に送信する際にミスが発生。本来複数に向けてメールを送付する際に使用すべき「Bcc」設定を、誤って「To」設定で送付したことが原因としています。

ダブルチェックや防止システムの導入が求められる

伊奈町は今回の事案について、職員への周知・教育を徹底する考えを示しています。また情報管理体制を強化することで、情報漏洩に備えるとのこと。ただし同町は、具体的な対処方法を明らかにしていません。

過去発生した類似の事案では、多くの自治体や企業が2名体制によるダブルチェック、もしくはメールシステムの誤送信防止に向けた改修を実施しています。

参照電子メールの誤送信について/伊奈町

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?