画像:Apple をかたるフィッシング/フィッシング対策協議会より

フィッシング対策協議会は2018年11月13日、Appleを騙るフィッシングメールが再び出回っていると警告を発しました。

情報によると、フィッシングメールはAppleアカウント管理チームを名乗り、「異常な動作を確認した」など偽の警告文を記載。閲覧者に対処を促し、不正なURLへ誘導しているとのことです。

対応を進めるも類似サイトのリスクは残る

フィッシング対策協議会はフィッシングメールで確認された転送先サイトについて、日本の代表的CSIRTである「JPCERT/CC」にコンタクトを取り、閉鎖に向けて調査を依頼していると発表しました。

Appleを騙るフィッシングメールは過去幾度となく確認されていることから、同協会はすぐに類似のフィッシングサイトが登場する可能性についても言及。ユーザーに向けてフィッシングメールに警戒感を持ち、言われるがままに情報を入力しないよう求めています。

Amazonや佐川急便を騙るケースも

フィッシングメールの大多数は、有名企業を偽装しています。過去には大手インターネット通信販売サービスの「Amazon」や大手運送会社の「佐川急便」を騙ったメールも確認されており、言葉巧みにフィッシングサイトへと誘います。

フィッシングメールはシステム面からのアプローチで完全に防ぐことは難しいサイバー攻撃です。不審な惑わされず、正しい知識で対処する姿勢が求められています。

参照Apple をかたるフィッシング/フィッシング対策協議会

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?