JR九州グループが運営するドラッグストア「JR九州ドラッグイレブン」は2018年11月10日、同社ホームページが不正アクセスを受けたことを明らかにしました。

同グループのインシデントは多くのメディアにより報じられ、これによると最大で3万4,246名分の顧客情報が流出した可能性あるとのこと。同社はホームページは閉鎖し、対応を進めています。

文字化けなどの被害が発生

情報によると、ドラッグイレブンのホームページは2018年11月8日頃より異変が発生。ホームページを訪問したユーザーらが、ドラッグイレブンのホームページが文字化けしているとの声があがり、発覚へと至っています。

指摘を受けた同社はセキュリティーやインシデントの解明に向け、ホームページの閉鎖を決定。2018年11月13日現在も、公式ホームページを閲覧できない状態が続いています。

二次被害は確認されず

ドラッグイレブン側は、今回のインシデントにより流出が懸念される情報について、現在のところ二次被害の発生は確認されていないとしています。

また流出したのはメールマガジン会員や通販を利用した顧客の氏名や住所、電話番号などで、クレジットカード情報は含まれていないとのこと。

ただし二次被害については、時間を経過してから悪用が明らかになった事例も多く、予断を許さない状況です。

参照ドラッグイレブン公式サイト
参照ドラッグイレブン、3万4000人情報流出か/Yahoo!ニュース
参照<ドラッグイレブン>顧客情報最大3万4000人分流出/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?