画像:教職員の懲戒処分について/さいたま市より

さいたま市教育委員会は2018年11月2日、個人情報が含まれたUSBメモリーを紛失したことにより、地方公務員法の規定に基づき中学校教諭の懲戒処分(減給10分の1)を行ったことを明らかにしました。

市教委により公開された資料によると、USBメモリーには教諭が授業を担当していたクラスの生徒情報・合計115件が含まれていたとのことです。

事案の経緯は?

市教委によると、紛失に関わったのは市立中学校に所属する40代の女性教諭です。教諭は2018年10月17日~18日の間に、生徒などの個人情報が含まれた私用のUSBメモリーが紛失したとのこと。

その後USBメモリーを捜索したものの、2018年11月2日時点でも発見に至らず。今回の発表が行われました。

成績情報などを記録

紛失したUSBメモリーには、女性教諭が授業を担当していた学級3クラス分の生徒情報・合計115件が含まれていました。

発表によると、USBメモリーには生徒の氏名・担当教科の成績が記録されていたとのこと。なおUSBメモリーの紛失に伴う二次被害(個人情報の悪用など)は、2018年11月2日時点で確認されていません。

参照教職員の懲戒処分について/さいたま市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?