IT専門調査会社のIDC Japan 株式会社は2018年11月1日、国内クラウドセキュリティ市場規模(パブリッククラウド環境へのセキュリティ対策製品市場)に関する2018年~2022年の予測データを発表しました。

これによると、2017年~2022年の年間平均成長率は平均18%程度で成長し、2022年には220億円規模の市場に成長するとのこと。クラウドシグナルサインオンやマルウェアに対する対策などを中心に、需要は引き続き高く推移するとの見方を示しています。

シャドーITによるリスク

IDC JAPAN株式会社は今回の発表の中で、特に「シャドーIT」のリスクを指摘しています。

従業員などの社内関係者が、企業が予定している製品以外のクラウドサービスやデバイスを利用することにより発生する「シャドーIT」のリスクは、社外からのモバイルデバイスやローカルブレイクによるパブリックウラウドの利用拡大に伴い、増大は必至と分析。企業側はユーザーやアプリケーションの稼働状況の把握に迫られ、クラウドセキュリティゲートウェイに対するニーズが高まるものとの見方を示しています。

データの価値の高まり

パブリックウラウドサービスやモバイルデバイスの登場に伴い、あらゆるデータの価値は飛躍的な高まりを見せています。

しかし大量の顧客データを保有する企業は、データの恩恵に預かると同時に、情報管理に対して相応の責任を負うことになります。セキュリティ市場の成長は、この世界的な傾向を如実に示していると言えるでしょう。

参照国内クラウドセキュリティ市場予測を発表/IDC JAPAN

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?