画像:さいたま市発表資料(PDF)より

さいたま市は2018年10月31日、同市で2017年4月に開催された「第8回世界盆栽大会inさいたま」の公式ホームページのリンクを削除するよう呼び掛けています。

さいたま市によると現在、第三者がリンクドメインを取得し、まったく別の目的に再利用しているとのことです。

アダルトサイトへジャンプ

さいたま市は「第8回世界盆栽大会inさいたま」の公式ホームページとして、「http://world-bonsai-saitama.jp/」を利用していました。

ところが現在は第三者の手に渡り、アダルトサイトとして提供されている状態。本来の盆栽大会とは全く関係ない意図で使用されています。

企業サイトなどでも発生の懸念

同様のトラブルは、自治体だけでなく企業においても懸念される事案です。企業が手放したドメインが第三者に利用され、集客などの用途に使用されるかもしれません。警戒が必要だと言えるでしょう。

関連第8回世界盆栽大会 in さいたま/ちょこたび埼玉

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?