画像:兵庫県立図書館より

兵庫県立図書館は2018年10月30日、館内に所属する職員の作業ミスにより、個人情報3,294件を含んだメールを誤送信したことを明らかにしました。

同館の説明によると、担当職員は県立図書館のシステムにメールアドレスを登録しているユーザーに向けてお知らせメールを送信する際に、「BCC」で送信すべきところを「TO」形式で送信したとのことです。

事案の経緯は?

兵庫県立図書館によると担当職員が2018年10月26日に、貸出図書に関するお知らせメールを、登録ユーザーらに一斉送信する際に発生したとのこと。

メール送信は本来、宛先の共有が行われない「BCC」設定で送信するものとされていましたが、同職員は宛先メールアドレスが共有されてしまう「TO」設定で送信したと説明しています。

なお同館は同日中に、誤送信の影響を受けたユーザーに向けて、お詫びと削除を依頼する旨記載したメールを送信したとのこと。

再発防止策は?

同館は再発防止策として、下記の対策を発表しました。

  • メール送信前に複数名で宛先や送信形式の確認
  • 全職員に対して個人情報の適正管理の周知徹底

誤送信による情報流出は自治体・企業問わず全国で相次いでおり、対応の難しさが浮き彫りになっています。

参照兵庫県立図書館におけるメールアドレスの誤送信について/兵庫県立図書館

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?