画像:お客様預かり資産に関する金融支援 正式契約締結のお知らせ/テックビューロ株式会社より

「Zaif」運営のテックビューロ株式会社は2018年10月10日、株式会社フィスコへ事業譲渡を行う方針を明らかにしました。

同社はフィスコ系列の関係企業と金融支援に関する基本契約を締結していましたが、協議の結果、事業譲渡契約の締結で決着したとのこと。同社は譲渡完了後に仮想通貨交換業の登録を廃止する方針です。

テックビューロ解散へ

テックビューロの発表によると、譲渡後はフィスコグループが事業を行うとのこと。テックビューロは譲渡手続きが完了次第、解散となる方針を示しています。

譲渡を受けたフィスコ側は事業の再開に取り組む考えです。しかし具体的な日付は改めて発表が行うとしています。

フィスコ側は調達を完了か

情報によると、フィスコ側は既に2018年9月不正アクセス被害による流出分の資産を、仮想通貨などで調達を完了しています。

ただしZaif不正アクセスで流出した仮想通過のうち、「モナコイン」は市場流通量が極めて少なく、全額分の調達は困難と説明。そのため同社は流出被害分相当(約4割)を日本円で返還し、残りはモナコインで支払うとしています。

参照お客様預かり資産に関する金融支援 正式契約締結のお知らせ/テックビューロ株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?