画像:奈良県公式ウェブサイトより

奈良県警奈良署が2018年10月7日、同県職員で県五條土木事務所係長を務める男性を窃盗及び不正アクセス禁止法違反の疑いで逮捕したことが明らかになりました。

情報によると、容疑者は部下である女性職員の机からログインに必要な機器を盗み、県庁のシステムに不正にアクセスしていた疑いが持たれています。

事案の経緯は?

容疑者は2018年8月28日~9月3日の間に、奈良市県庁分庁舎に勤務する女性職員の机からワンタイムパスワードの表示に必要な機器を盗んだ疑いが持たれています。

その後、盗んだ機器を用いてパスワードを初期化。不正に女性の公用パソコンに侵入して、情報を窃盗した疑いが持たれています。

女性の個人情報が目的か

記事発表時点で、不正アクセスの目的や被害など全貌は明らかにされていません。

しかし警察の調べによると、藤本容疑者は女性のメールや文章データなどを私用のPC端末に移動・入手していた疑いもあるとのこと。

県警は容疑者の自宅を調べるなどして、全容の解明に努める考えです。

参照奈良県職員を逮捕=不正アクセス容疑-県警/ニコニコニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?