画像:佐賀大学より

佐賀大学は2018年10月1日、一部の在学生の成績データなど合計31件分が含まれたUSBメモリーを紛失したことを明らかにしました。

同大学によると、担当講師と教務課の間でUSBメモリーの送付作業を行った際に、行き違いにより行方不明になったとのことです。

事案の経緯は?

佐賀大学によると、国文学史を担当する非常勤講師が2018年8月9日に、大学前期の成績を記録したUSBメモリーを簡易書留にて発送。

しかし受取先の教務課は2018年8月10日に受領していたにも関わらず、「成績が提出が提出されていない」と誤認したため、双方の確認が取れた2018年9月13日に紛失が発覚しました。

被害規模は?

今回の紛失により、当該講師が担当した教育学部・文化教育学部の2年~4年次の生徒の成績データなど合計31件が行方不明となりました。

紛失した情報の内訳

  • 氏名
  • 学籍番号
  • 所属学部
  • 学科
  • 成績データ

ただし、USBメモリーはパスワードによるセキュリティ設定が行われており、発表時点での情報流出は確認されていないとのことです。

大学側は今後、書留を複数名で受領するなどの再発防止策を行うとしています。

参照成績31人分記録したUSB紛失 佐賀大/佐賀新聞

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?