画像:情報流出に関するご報告(第二報 情報の詳細および経路について)/株式会社リアニメーションより

株式会社リアニメーションは2018年10月2日、インターネット匿名サイトおよびアップローダーサイトに、同社が保有する社内文章・個人情報にアクセス可能なURLが投稿されたと発表を行いました。

同社によると、これにより社内資料の一部と「Re:animation11」のクラウドファンディング参加者の個人情報が流出したとのこと。同社は謝罪を表明するとともに、再発防止に向けて対応を進めています。

事案の経緯は?

リアニメーションによると、匿名サイトなどへの投稿が行われているのを同社スタッフが発見。その後調査を進めたところ、クラウドファンディング参加者の個人情報が閲覧できるURLであることが明らかになりました。

同社によると、原因は「Re:animation11」の作業用共有フォルダ内に書き込みされた当該情報に対して、業務システムによるアクセス制限を失念したことにより発生。

これを何者かが匿名サイトに転載したものと見ています。(現在はアクセス制限を設定済)

流出した情報の内訳は?

取引情報など一部の社内情報に加えて、クラウドファンディング参加者合計401名分の個人情報が流出する被害が発生しました。

流出した情報は下記の通りです。

  • 購入商品
  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号

同社はクレジットカード番号や決済情報・ログインIDなどは含まれていないと説明しています。

参照情報流出に関するご報告(第二報 情報の詳細および経路について)/株式会社リアニメーション
参照情報流出に関するお詫びとご報告(第一報)/株式会社リアニメーション

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?