画像:当金庫ホームページへの不正アクセス事案の発生について/福島信用金庫より

福島信用金庫は2018年9月28日、ホームページが不正アクセスを受けたことを公表しました。これによりホームページの改ざんされたとのこと。

同金庫は改ざん被害により閲覧者が不正なサイトに誘導され、詐欺行為を受ける可能性があると言及しています。

サイト改ざんにより被害の可能性

福島信用金庫によると、攻撃者はサイトを改ざんすることで「サポート詐欺」を行っています。

サポート詐欺とは、閲覧者に同金庫とは関係のないプログラムをダウンロードさせ、「システムに問題がある」と不安を煽る手口です。プログラムはその後、問題を解決するかのような連絡先を表示することで、ソーシャルエンジニアリングへと導きます。

同金庫はプログラムにより表示される連絡先について、「カード情報聞き取りなどの詐欺行為が行われる可能性があります」としています。

現在は修正済

福島信用金庫によると、ホームページの改ざん被害は記事発表で既に修正済とのこと。再度の問題発生は確認されておらず、正常にサービスの利用が可能です。

なお同金庫は、今回の改ざんについて心当たりのある顧客に対して、連絡を求めるなどの対応を行っています。

参照当金庫ホームページへの不正アクセス事案の発生について/福島信用金庫

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?