画像:消費税転嫁・下請取引申告受付システムを一時停止しました/経済産業省より

経済産業省は2018年9月14日、中小企業庁のシステム「消費税転嫁・下請取引申告受付システム」において不具合が判明したことを明らかにしました。

同省はこれにより、システムの一時停止を決定。記事発表時点ではサービスが利用できない状態です。

特定条件下において脆弱性があるとの指摘

経済産業省は、同システムには特定の技術的条件を満たすことで、脆弱性があると説明しています。

となると不安視されるのが情報漏洩の問題ですが、同省がシステムを停止し情報漏洩の有無を調査したところ、漏洩の痕跡は無かったとのこと。外部流出の懸念に絞って言えば、防止に成功した形です。

サービス再開の予定は?

「消費税転嫁・下請取引申告受付システム」は記事発表時点において、サービス停止状態にあります。

経済産業省は今後同システムのサービス再開に向けて調査を実施し、必要なセキュリティ対策が整った段階でサービスの再開を行う予定です。

なお同システムの停止期間中の申告については、電話窓口で問い合わせに対応すると説明しています。

参照消費税転嫁・下請取引申告受付システムを一時停止しました/経済産業省

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?