画像:埼玉県警より

埼玉県警捜査2課は2018年8月30日、亡くなった人のクレジットカード情報を不正利用していた人物を、詐欺容疑で逮捕したことを明らかにしました。

県警の発表によると、容疑者は埼玉県日高市で教育委員会生涯学習課に勤務する、中村裕之主査(47)とのこと。中村容疑者は職権を用いて犯行を繰り返し、合計約200万円分の不正利用を行った疑いが持たれています。

事案の経緯は?

県警及び報道メディアの情報によると、中村容疑者は2017年8月2日、日高市内のドラッグストアで歯ブラシや生活用品をクレジットカードで購入。

しかしこのカードは既に死亡した男性のものであることが判明。

中村容疑者は当時社会福祉課の主査として勤務しており、身元引受人がおらず市役所にて引き取った方の所持品を窃盗したものと見られています。

余罪の疑いも

2017年1月~7月にかけて同様の不正利用も確認されており、中村容疑者は上記の件以外にもクレジットカードを不正利用した疑いが持たれています。その使用履歴はなんと約200万円。県警は中村容疑者の関与を疑い、捜査を進める考えです。

参照引受人いない死亡男性のカードを不正利用 埼玉・日高市職員を逮捕/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?