画像:湖南市発表資料より

滋賀県湖南市は2018年8月24日、外国人向けにポルトガル語で大雨などの注意報を発信する際に、情報流出を起こしたことを明らかにしました。

同市によると、原因は担当者のメール設定ミス。通常は「BCC」で送信するところを誤って「宛先」欄に入力して送信したと説明しています。

事案の経緯は?

湖南市の説明によると、事案は2018年8月23日に大雨注意を呼び掛けるメールを送信する際に発生。

担当者が「文化の通訳」事業登録者を対象に、台風20号に伴う注意喚起のメールを送信したところ、メールの「宛先」欄に誤って全員分のメールアドレスを入力してしまったとのことです。

その後2018年8月24日に、「文化の通訳」事業に登録していた内部職員が事案に気付き報告。メール誤送信によるメールアドレスの流出が明らかになりました。

被害の規模は?

今回のメールにより、「文化の通訳」登録者の合計91名に影響が発生しています。

流出した情報はメールアドレスおよび氏名とのこと。ただし、発表時点で流出による被害等は確認されていません。

湖南市は流出した原因を「確認不足」としています。

市の発表によると普段はメール送信の際に複数名で確認しているものの、今回は台風接近による注意報と緊急性が高く、単独で送信したとのことです。

参照個人情報(氏名・メールアドレス)の流出/湖南市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?