画像:株式会社セキ薬品より

株式会社セキ薬品は2018年8月23日、同社の愛宕店に勤務していた元アルバイト従業員が顧客のカード情報を盗み出し、不正利用していたことを明らかにしました。

同社によると、元アルバイト従業員は収集したカード情報を用いて、ネット通販等で不正利用していたとのこと。収集した情報は最大で234件に及び、多くの波紋を呼んでいます。

事案の経緯は?

セキ薬品の発表によると、外部から「不正利用の疑い」があると指摘を受けたことにより調査を開始したとのこと。カード会社と連携して調べを進める上で、不正利用が発覚。元アルバイトの関与が浮上したため、今回の発表へと至っています。

なお、同社は今回の事案に応じて警察へ通報。更に不正利用の被害者に対して相談窓口などを設けています。

被害の規模は?

被害は2018年3月1日~2018年5月21日に同社愛宕店でクレジットカードを利用した顧客のうち、元アルバイト従業員が担当した方が対象です。

同社によると流出情報は最大で234件とのこと。情報の内訳は下記の通りです。

  • カード名義人
  • カード番号
  • セキュリティコード
  • 有効期限

参照【お客様各位】弊社 愛宕店(埼玉県加須市)元アルバイト従業員によるお客様情報の不正利用について/セキ薬品

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?