画像:トレンドマイクロより

大手セキュリティ企業のトレンドマイクロは2018年8月8日、国内初観測となる拡張子「.iqy」を用いたフィッシングメールを確認したことを明らかにしました。

「.iqy」拡張子はウェブサイトからデータを取り込むためのファイル。windows環境下ではExcelと関連付けられており、ファイルを実行するとExcelが起動します。攻撃者はこの仕組みを利用して、各種マルウェアを仕組もうと意図しているとのことです。

「.iqy」を表示しないように設定を

「.iqy」は日本ではほとんど使われることが無く、はじめから表示しないように対処することが可能です。

トレンドマイクロは下記の2つの対策を指摘していますが、どちらも簡単に高い次元でのセキュリティ効果が期待できます。

  1. Excelで「Microsoftofficeクエリファイル」を開かない設定に変更する
  2. 「.iqy」ファイルのメール受信を制限してしまう

手口そのものは従来と変わらない

今回のフィッシング攻撃は、拡張子が見慣れないものであるだけで、手口としては従来とさほど変わりません。

発表時点では「お世話になります」等のビジネスメールを装ったものが確認されているに留まり、注意していれば見分けることもできるでしょう。見慣れない拡張子に興味を引かれ、うっかり実行しないよう注意が必要です。

参照新手口のメール攻撃、国内で確認 大量送信、6日に29万件/神戸新聞
参照拡張子”.iqy”のファイルとは?1 日でメール 29 万通が日本国内に拡散/トレンドマイクロ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?