画像:山形県警より

山形警察署は2018年8月5日、捜査過程において収集した個人情報が記載された書類を紛失したことを明らかにしました。紛失した書類は合計7枚。個人情報が記載されており、うち1枚は未回収とのことです。

事案の概要は?

書類は2018年8月5日に紛失。原因は強風によるものです。

山形警察署によると、山形県大手町で発生した倉庫荒らしの事件の現場にて、捜査車両の後部座席に置いてあった書類7枚が強風で吹き飛ばされたとのこと。近隣の通行人の手により紛失した書類のうち6枚が回収されたものの、残り1枚が紛失したままと説明しています。

流出情報は?

紛失した書類には倉庫を所有する企業の関係者の氏名や生年月日、住所などが記載されていました。書類紛失による二次被害等は発表されていません。

参照山形署、個人情報書類7枚を一時紛失 1枚は未発見/山形新聞

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。