画像:山形県警より

山形警察署は2018年8月5日、捜査過程において収集した個人情報が記載された書類を紛失したことを明らかにしました。紛失した書類は合計7枚。個人情報が記載されており、うち1枚は未回収とのことです。

事案の概要は?

書類は2018年8月5日に紛失。原因は強風によるものです。

山形警察署によると、山形県大手町で発生した倉庫荒らしの事件の現場にて、捜査車両の後部座席に置いてあった書類7枚が強風で吹き飛ばされたとのこと。近隣の通行人の手により紛失した書類のうち6枚が回収されたものの、残り1枚が紛失したままと説明しています。

流出情報は?

紛失した書類には倉庫を所有する企業の関係者の氏名や生年月日、住所などが記載されていました。書類紛失による二次被害等は発表されていません。

参照山形署、個人情報書類7枚を一時紛失 1枚は未発見/山形新聞

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?