画像:東京都水道局より

東京都水道局は2018年7月27日、同局の給水管整備及び取り出し工事請負単価契約受注者の現場代理人が、工事設計図を紛失したことを明らかにしました。

水道局によると、紛失したのは私道内給水管整備工事設計図合計2枚。この設計図には大田区内の工事対象となる合計26世帯の顧客情報が含まれていたとのこと。水道局は受注者に対して厳正な対処を取ると共に、関係者に謝罪を表明しています。

事案の経緯は?

紛失が明らかになったのは、2018年7月26日。同日午前中に水道局職員が現場代理人に設計図を交付したものの、代理人が紛失したと説明しています。

その後、代理人から水道局へ紛失の連絡が入り、今回の発表へと至ったとのことです。

被害の内訳は?

水道局によると、設計図の紛失場所は不明。発表時点でも設計図は発見に至っておらず、水道局は対象者に個別訪問・説明と謝罪を行っています。

今回の事案で流出可能性のある情報は、下記の通りです。

被害規模:設計図に記載されていた合計26世帯

  • 水道所在地
  • 氏名
  • お客様番号

参照私道内給水管整備工事設計図の紛失について/東京都水道局

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?