画像:大阪府警公式ウェブサイトより

大阪府警は2018年7月20日、捜査情報を警察OBや行政書士に漏洩した疑いで、現職警察官ら合計4名を逮捕したことを明らかにしました。

逮捕された警察官は、巡査長の篠原渉容疑者(35)と小野勇気容疑者(34)の2名。更に府警OBの阿田裕俊容疑者(33)と行政書士の雨堤孝一容疑者(40)も逮捕されています。

なお、警察の発表によると、4人とも容疑を認めているとのことです。

キャバクラやスナックで接待

警察によると、篠原・小野容疑者らは2017年9月~2018年1月の間に、捜査対象となっている風俗店名などの情報を合計3回ほど漏洩したとのこと。篠原・小野容疑者らは見返りとして、キャバクラやスナックで4回に渡り、約20万円程度の金銭を受け取ったと見られています。

なお、雨堤容疑者は風俗店の許認可申請の代行業務などを手掛けており、顧客に漏洩していた可能性が高いとのことです。

府警は警告していた

2018年7月22日になり、大阪府警は警察OBの阿田裕俊容疑者らに「気を付けろ」と注意喚起していたことが明らかになりました。

阿田裕俊容疑者が行政書士事務所に勤務していることは既に府警が把握しており、情報提供を求めて来る可能性は想定できたとのことです。

なお、漏洩した疑いが持たれている情報は下記の通りです。

  • 捜査対象の店名
  • 家宅捜索時期
  • 逮捕予定人数
  • 担当取調官の情報

参照情報漏洩の警察官逮捕 大阪府警OBに接触しないよう注意喚起されていた/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?