画像:千葉県警ウェブサイトより

千葉県警サイバー犯罪対策課は2018年7月10日、元女性に対する不正アクセスを行った疑いで、東京都足立区の無職・佐藤善行容疑者(35)を逮捕しました。

千葉県警サイバー犯罪対策課によると、佐藤容疑者は交際相手のインターネット口座に不正アクセスを行ったとのことです。

3万9千円の不正送金被害が発生

千葉県警の調べによると、佐藤容疑者は2017年6月から9月の約3か月間にわたり、現金を盗む目的で元交際相手の30代女性の銀行口座に不正アクセスを実行。

不正アクセスの回数は合計7回に及んでおり、自らの管理する口座に合計約3万9千円の預金を不正に送金したと見られています。なお、不正送金の手口等は明らかにされていません。

辻褄の合わない動機を供述

佐藤容疑者は警察の調べに対して、「女性がどんな生活をしているか気になった」と供述しているとのこと。

ただし、様子を気にしていたとの動機と、不正出金の犯罪は一見辻褄が合っておらず、不明瞭な部分も否めません。警察側は佐藤容疑者の余罪を調べる方針です。

参照元交際女性の口座に不正アクセス 35歳無職男を逮捕/Yahoo!ニュース

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。