画像:bithumbより

韓国メディアのソウル時事は2018年6月20日、韓国の仮想通貨交換所「ビッサム」が保有する仮想通貨が盗難被害に逢ったことを報道しました。

同メディア及びビッサムによると、被害金額はおよそ350億ウォン(日本通貨で35億円相当)とのこと。ビッサム側は安全性が確認できるまで、入出金サービスの停止を決定しました。

事案の経緯は?

被害を受けたビッサムによると、事案が発生したのは2018年19日夜間~20日未明。同社は詳しい原因は不明としているものの、韓国メディアらはサイバー攻撃のかの末井があると指摘しており、判然としていない状況です。

ただし、事案を受けたビッサムは顧客被害分を同社が保険した上で、現在は会員が保有する通貨をコールドウォレットに保管する対策を講じたと発表しています。

相次ぐ不正アクセス被害

仮想通貨は現在トレンドの波を下っている状況です。

しかしながら、未だサイバー攻撃の対象としては非常に狙われやすい業界。韓国は2018年6月10日に「コインレイル」と呼ばれる仮想通貨交換所が仮想通貨の流出被害を受けています。

国内でもコインキャッシュ事案の記憶は新しく、仮想通貨取引には未だ、セキュリティリスクに懸念を抱えていると言えるでしょう。

参照仮想通貨、35億円盗難=サイバー攻撃か-韓国/時事ドットコム

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?