画像:エネルギア・コミュニケーションズ「MEGA EGG」より

中国電力の子会社である「エネルギア・コミュニケーションズ」は2018年5月29日、同社が提供するインターネットサービス「MEGA EGG(メガエッグ)」が利用できなくなるトラブルが発生したことを明らかにしました。

同サービスの停止は、中国地方5県の全契約エリア合計17万件にて発生。利用者らは約5時間程度の間、インターネットサービスが使用できない状態が続きました。

サイバー攻撃の可能性も

今回の事案に関する一部メディアの報道によると、インターネットサービスが停止した理由は、「(同社への)接続を求めるデータが集中したため」とのこと。

また、報道によると同社は「サイバー攻撃を受けた可能性もある」と見て、詳しい原因を調査していると説明しています。

現在は復旧対応を完了

同社の報告によると、被害が発生したのは「8時25分~13時25分」。サイト上では、被害はインターネットへの接続と、メールの送受信不可の2点と表記されています。

なお、現在は一連の騒動によるインターネット接続障害から復旧。ウェブサイト及びコールセンターにて、謝罪と報告を行っている状況です。

参照インターネットサービス回線障害の復旧について/エネルギア・コミュニケーションズ「MEGA EGG」

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事