2018年2月5日、韓国政府の情報機関「国家情報院」は、仮想通貨取引所「コインチェック」の流出について、北朝鮮が関与している可能性があると指摘しました。

同機関によると、韓国国内では仮想通貨取引所を狙った同様の流出事件が続出したとのこと。明確な根拠はないものの、可能性としては考えられると説明しています。

何故このような説が?

仮に北朝鮮の犯行であるとした場合、その目的は「資金調達」に他なりません。トランプ政権樹立後のアメリカによる厳しい経済制裁に苦しむ北朝鮮は、現在様々な手管で資金集めに奔走しています。

こうした状況にある北朝鮮が、「仮想通貨取引所」に目を付けてたとしても、何ら不自然ではないでしょう。

増加する北朝鮮リスク

北朝鮮によるサイバー攻撃が指摘されている事件は、今回がはじめてではありません。2017年に世間を騒がせたランサムウェア「WannaCry」は、複数の国家により北朝鮮の関与が疑われています。

同国によるサイバー攻撃は、もはや「北朝鮮リスク」と呼んで十分な脅威です。北朝鮮にとって、日本は非常に狙いやすい国。2018年も彼らの脅威に備える必要があるでしょう。

参考URL
https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20180206-00081329/
https://coincheck.com/ja/

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?