画像:ヤマケイオンラインより

12月11日、株式会社山と溪谷は、同社が運営するウェブサイト「ヤマケイオンライン」が何者かのサイバー攻撃にあったことを報告。同時にユーザーの個人情報が流出した可能性があることが明らかにしました。

なお、同社発表によると、現在(2017年12月14日現在)は被害規模の把握などの調査を進めている最中。詳細が明らかになり次第、別途公表すると述べています。

事件の経緯は?

事態が発覚したのは、2017年11月29日。同社ウェブサイトの登録ユーザーが「登録メールアドレスにフィッシングメールが届いた」と通報を行ったことがきっかけです。

通報を受けた同社が調査を開始したところ、システムの一部に脆弱性があることが発覚。同時に不正アクセス及び個人情報流出の可能性が浮上したと説明しています。

「Apple」を騙るフィッシングメール

なお、通報があったメールアドレスには、「Apple」を騙るフィッシングメールが届いたとのことです。
「Apple」社を偽装したフィッシングメールは楽天と双璧を成すほど横行しており、迂闊にリンクを踏むと様々な被害が生じることは明白。

同社はこうしたフィッシングメールに対して注意を呼び掛けるとともに、セキュリティ対策の強化を行うことを明らかにしています。

<参照>
「ヤマケイオンライン」会員情報流出の疑いに関するご報告/株式会社 山と溪谷社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?