画像:ZDNet Japanより

12月11日、大手インターネットセキュリティ企業「マカフィー」は、2017年中に起きた10大セキュリティ事件を発表しました。

1位に世界を震撼させた「Wannacry」がランクインしたものの、その認知度は「36.7%」と意外なほど低く、ネットワークセキュリティに対する関心の薄さが浮き彫りになった形です。

IT関係者を中心に1552人を調査

今回のランキングは、企業経営者やIT関係者・一般従業員ら合計1,552人を対象に実施したものです。2016年11月~2017年10月の事件を対象に意見を聴取。

「KRACKS」や「WannaCrypt」などの様々なセキュリティトラブルが取り上げられただけでなく、「日本マクドナルドマルウェア感染事件」や「米Yahooの個人情報漏洩事件」など多くの社会的関心を呼んだ事件がランクインしています。

【関連記事】

具体的な順位は以下の通りです。

順位 事件 認知度
1位 WannaCryやNotPetya 36.7%
2位 企業を装ったフィッシング攻撃 36.2%
3位 「KRACK」 32.8%
4位 米Yahoo個人情報漏洩事件 32.3%
5位 ランサムウェアのネット出品事件 27.2%
6位 Appleを偽装したフィッシング攻撃 26.0%
7位 芸能人やアイドル画像を狙った不正アクセス事件 23.0%
8位 防衛省情報基盤に対する不正アクセス事件 20.4%
9位 女性タレントを狙った大手新聞社の従業員の不正アクセス事件 19.3%
10位 日本マクドナルドマルウェア感染事件 18.8%

情報セキュリティの重要性

今回のランキングで取り上げられた事件は、いずれも多くの被害や懸念を呼んだものばかりです。とくにランサムウェアの感染やフィッシングメールによる情報漏洩は企業にとって深刻な被害を及ぼすため、最も警戒すべき事案だと言えるでしょう。

セキュリティ専門家らは、今後更に手口が巧妙化して行くとの見方を強めており、警戒を呼び掛けています。

<参照>「WannaCryに対するIT部門の関心は薄い」--マカフィー調べ/ZDNet Japan

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?