2017年3月1日、インターネットサービス大手のヤフーは、同社において過去2年間に発生した情報漏洩事件において、約3,200万件のアカウントが偽造クッキーにより不正にアクセスされていたとの調査結果を公表しました。

偽造クッキーに関しては、無効化が行われ不正利用は出来ないよう改善されているとのことです。

しかし、2014年の情報流出に関与したとみられる実行者により、直近でも不正アクセスが発生しているとの情報も発表されており、今後も警戒が必要と考えられています。

<参照>
米ヤフー不正アクセス、3200万アカウントに「偽造クッキー」使用/REUTERSロイター

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。