日本マクドナルド、マルウェア感染によりシステム不具合発生|サイバーセキュリティ.com

日本マクドナルド、マルウェア感染によりシステム不具合発生



画像:日本マクドナルド公式サイトより

2017年6月19日、日本マクドナルドは、店舗のネットワークシステムの一部にマルウェアが確認されたことを発表しました。全国の店舗において、各種ポイント・電子マネー、デリバリーサービス等が利用できないといった不具合が発生しているとのことです。

同社が発表している、マルウェア感染により利用不可となっている決済システムが下記です。

  • dポイント
  • 楽天ポイント
  • WAON
  • iD

今回のシステム不具合による、個人情報を含む情報管理への影響は確認されておらず、同社では早急な復旧を目指すとしています。

<参照>
日本マクドナルド店舗におけるネットワークシステムの一部不具合に関するお知らせ/日本マクドナルド株式会社




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。