画像:日本マクドナルド公式サイトより

2017年6月19日、日本マクドナルドは、店舗のネットワークシステムの一部にマルウェアが確認されたことを発表しました。全国の店舗において、各種ポイント・電子マネー、デリバリーサービス等が利用できないといった不具合が発生しているとのことです。

同社が発表している、マルウェア感染により利用不可となっている決済システムが下記です。

  • dポイント
  • 楽天ポイント
  • WAON
  • iD

今回のシステム不具合による、個人情報を含む情報管理への影響は確認されておらず、同社では早急な復旧を目指すとしています。

<参照>
日本マクドナルド店舗におけるネットワークシステムの一部不具合に関するお知らせ/日本マクドナルド株式会社

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。