不正アクセスでクレカ情報2,339件が流出‐タカゴルフ

この記事は約 2 分で読めます。



画像:タカゴルフHPより

11月7日、ゴルフ用品を手広く扱う高商事株式会社ECサイト「タカゴルフ」にて、何者か不正アクセスにより個人情報の漏洩が確認されたことを公表しました。

同社によると、流出が確認された情報は合計2,339件。漏洩情報の中にはクレジットカード番号やセキュリティーコードが含まれており、被害者にカードの再発行などを呼び掛けています。

事件の概要は?

同社発表によると不正アクセス発覚が確認されたのは、2017年8月16日。カード決済代行会社から情報が漏洩している可能性があると指摘を受けたことがきっかけです。

同社はその後の8月29日、外部の調査機関と連携して事態の詳細な情報を調査。そして9月29日に提出された調査機関の最終報告を待って、今回の発表に至ったとのことです。

なお、最終報告から現在までにかなりのタイムラグがありますが、同社はこれについて「事案の概要を把握した上で、お客様へのご迷惑を最小限に食い止める対応準備を整えてからの告知が不可欠」と説明しています。

流出した情報やその後の対応は?

調査報告によると、流出した情報は2010年9月7日~2017年8月16日の間に、同社ECサイトにてカード決済をした顧客情報2,339件。内訳は以下の通りです。

【漏洩が確認された個人情報】

  • クレジットカード番号
  • セキュリティコード(3もしくは4桁の確認番号)
  • 有効期限
  • 氏名
  • 住所

なお、同社は事件の発表と同時に情報管理体制及びコンプライアンス・従業員教育など各方面の強化を行うことを再発防止策として公表しています。

<参照>
不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びと再発防止策のご報告/高商事株式会社

https://www.takagolf.com/

セキュリティ診断サービス
あなたの会社のWEBサイトは大丈夫?社内ネットワークも心配... サイバー攻撃されて問題になる前にしっかりチェック!

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ