画像:McAfeeより

米国McAfee(マカフィー)が、同社の調査組織「McAfee Labs」が編集した脅威レポートを発表しました。

同社発表はサイバー攻撃全般に渡っており膨大な情報量であるため、ここで全てをまとめることはできませんが、今回の発表で特に際立っていた脅威は、「Faceliker」の存在です。

第2四半期中に報告されたマルウェアの8.9%を占める

「Faceliker」の脅威は既に当サイトでもご紹介しましたが、改めて簡単に説明しますと、Facebookの「いいね」を不正に出力するマルウェアです。

〈関連記事〉"いいね"不正に偽装する「Faceliker」に注意、マカフィーが警告

「Faceliker」に感染すると本人の意思とは関係ないコンテンツに対して、感染者のアカウント名義でいいねをつけてしまうので、攻撃者の意のままに情報操作が行われるという仕組みです。

今回米国McAfeeの発表によると、第2四半期中に報告されたマルウェア5200万件のうち、約8.9%がこの「Faceliker」の亜種と報告されています。

不正アクセスを利用した新たなビジネスモデル

「Faceliker」は他のマルウェアと異なり、情報の収奪等を行うものではありません。早い話が意図的に人気コンテンツや人気ストリームを生み出すために悪用されており、攻撃者はサイバー攻撃を通じて、巨額の「広告費」を稼ぐことができる点が特徴です。

もちろんこれは不正に得た利益であり、社会通念上許容されるものではありません。しかし、これまでになかったサイバー攻撃の温床となる可能性は否定できず、「Faceliker」によるビジネスモデルの確立は、新たな脅威を生み出す危険を有しています。

〈参照〉McAfee

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?