9月26日(現地時間)、セキュリティソフトウェアなどを開発する「マカフィー(McAfee)」は、FaceBookの「いいね」を不正に出力するマルウェア「Faceliker」が猛威を振るっていることを警告しました。

同社発表によると「Faceliker」は2017年の第一四半期から急上昇、亜種も多く現在では同時期に登場した全マルウェアのうち、約8.9%を占めているとのことです。

「Faceliker」に感染するとどうなる?

「Faceliker」は感染者に(極端なパフォーマンスの低下など)目立った悪影響を及ぼすことはありません。

しかし、SNSのFaceBookにおいて「いいね」をクリックした際に、このマルウェアがリダイレクトを行う事で、実際に押したコンテンツとは別のコンテンツ「いいね」を押したことになるというメカニズムです。(転送先は当然、攻撃者が指定したコンテンツ)

感染してしまった場合の対策は?

マカフィーによると、「Faceliker」の感染はその大半が、悪意のあるサイトや不正アクセス攻撃を受けたサイトで行われているとのこです。まず第一の対策として、不審なサイトを訪れないことが大切だと言えるでしょう。

また、「Faceliker」に感染しても自己のアカウントの履歴を負うことはできるので、意図しないコンテンツに「いいね」が押されていないかを確認することは可能です。不安な方は、一度SNSを確認するのも、有効な対策だと言えます。

〈参照〉
McAfee Labs: Faceliker Surge Manipulates Facebook “Likes” to Promote News, Other Content

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事