株式会社エイチ・アイ・エスより

2017年8月22日、株式会社エイチ・アイ・エスは、首都圏発の国内バスツアーにサイトから予約を行い参加した顧客情報が流出したとの発表を行いました。流出の規模は最大で1万1,975件です。

今回情報流出が発生したサイトは国内バスツアーを取り扱っており、エイチ・アイ・エスが運営しているその他ツアーのサイトに関しては事故の影響は無いとしています。

事件の概要

流出の公表までの経緯は下記の通りです。

2017年8月17日(木) 外部サイトにH.I.S運営のサイトに関しての記述があることが発覚。調査の結果、不正アクセス及び圧縮ファイルダウンロードの形跡を確認。
対策本部を設置し解析を行い、流出の規模が最大1万1,975件と判明。
2017年8月18日(金) 関係省庁、組織へ報告。
2017年8月21日(月) 新宿警察署へ相談、個人情報保護委員会へ報告。
2017年8月22日(火) 情報流出を公表。

流出した情報

対象は、2017年3月18日16:03~2017年7月27日17:30の期間に、2017年8月1日~2017年12月31日出発のツアー申込を行った顧客。

1. 代表者の情報:最大4,566名分

  • 氏名
  • 性別
  • 年齢
  • メールアドレス
  • 住所
  • 電話番号
  • ツアー名
  • 出発日

2. 同行者の情報:最大7,017名分

項目は1と同様

3. 緊急連絡先の情報:最大392名分

  • 氏名
  • 電話番号

事件の原因

エイチ・アイ・エスによると、サイトリニューアル時のデータ移行作業において、誤って個人情報を含むデータが残ってしまい、今回の不正アクセスでダウンロードが行われてしまったとのことです。

<参考>
国内バスツアーサイトからのお客様情報流出について /株式会社エイチ・アイ・エス(PDF)

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。