サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

日本シーサート協議会のイベントが注目を集める‐テーマは「絆」



画像:日本シーサート協議会HPより

不正アクセス攻撃に対する横断的な取り組みを行うことで知られている、日本シーサート協議会(NCA)の設立10周年記念イベント「NCA 10th Anniversary Conference『絆』」が申込締切間近(8月18日迄)となっています。

同イベントは8月23日~25日にかけて都内の特設会場で行われる予定で、後半日程である24日と25日は、同協議会の会員でなくとも参加することができるとのこと。情報セキュリティに対する意識が高まる中、注目を集めています。

企業展示会や業界知識人の講演などのイベントが目白押し

今回のイベントは、CSIRT(Computer Security Incident Response Team)の自社導入や利用検討に関心を持つ事業体を対象としたものです。

内容的には、各業界知識人の講演やパネルディスカッションを中心に、ライトニングトークや参加企業の展示会、トレーニングや表彰式なども検討されています。
基調講演には厚切りジェイソン氏によるプログラムも組まれており、その話題性は留まるところを知りません。

初心者からベテランまで、幅広く参加できるプログラム

日本シーサート協議会によると、今回のプログラムは「サイバーセキュリティの初心者からベテランまで幅広い方々が、理解度向上やスキルアップを実感できるプログラムを多数ご用意した」と述べています。

サイバーセキュリティ上の危機管理やマネジメントはもちろん、法制度の理解や実践プログラムなどの必要知識にも触れることができるとのこと。

その内容に期待を持つ参加者も多く、既に多くの来場が予測されています。

<参照>
NCA 10th Anniversary Conference 「絆」 /日本シーサート協議会
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に – テーマは「絆」/Security NEXT 

企業向けインフラエンジニア講座 個人向けエンジニア研修






書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。