宮古島市、税徴収通知の誤送付で個人情報12名分が漏洩

画像:宮古島市HPより

2017年7月4日、宮古島市は同市が発送した税徴収通知において誤送付があり、市民12名の個人情報が漏洩したとの発表を行いました。市では該当者に説明・謝罪を行い、安全のためマイナンバーの変更をおこなったとのことです。

事件概要

発表によると、市・県民税の特別徴収税額決定通知書を送付する際に、指定番号の入力を誤ったまま送付したようです。入力作業については1名の職員が行っており、確認作業は行われていなかったとのこと。

漏洩した個人情報は以下です。

  • 氏名
  • 住所
  • マイナンバー
  • 所得
  • 税額

市では、再発防止策として今後は最低3回の確認作業を行うとしています。

<参照>
宮古島市、個人情報12人分漏えい 税徴収通知を誤送付/沖縄タイムスプラス

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?