画像:日本マクドナルドHPより

日本マクドナルドは、6月16日(金)未明より発生していたマルウェア感染による店舗のネットワークシステムの一部不具合について、6月21日(水)に復旧が完了したことを発表した。

関連記事:日本マクドナルド、マルウェア感染によりシステム不具合発生

それにともない、21日(水)より、マクドナルドのほぼ全店舗において、商品購入時に、「dポイント」「楽天スーパーポイント」の利用、また、電子マネー「WAON」「iD」ならびに宅配サービス「マックデリバリー」等が通常通り利用できるようになった。

日本マクドナルドでは、顧客に多大な不便・迷惑をかけたことをお詫びすると同時に、以下特別企画を実施するとのこと。

【特別企画について】

  • 概要:マクドナルドを利用した全ての顧客に、プレミアムローストコーヒー(ホット/アイス)、またはお好きな炭酸ドリンクのSサイズをご提供
    (お一人様一杯)
  • 期間:2017/6/26(月)15時から営業終了時間
    (24時間営業店舗では24時00分まで)
  • 対象:全国のマクドナルド店舗(一部店舗を除く)
    ※ごく一部の店舗においては固有の事象により上記サービスが利用できない場合あり

同社によれば、一部店舗では現在もサービスが利用できないという。それについては店舗固有の問題と説明しており、原因究明を引き続き行っていくとしている。

<参考>
店舗におけるネットワークシステム復旧に関するお知らせ/日本マクドナルド
日本マクドナルドのシステム障害がほぼ復旧 - 一部店舗で調査継続中/Security NEXT

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?