画像:三菱UFJニコスHPより

2017年6月13日フィッシング対策協議会は、MUFGカードを騙るフィッシングメールが出回っているとの情報を更新しました。

今回確認されている件名は「WEBサービス利用者」などで、“引き続きWEBサービスを利用するのであれば、登録カードの確認が必要”といった文面でフィッシングサイトへ誘導する構成となっているとのこと。

また、“アカウントとカードがロックされる”といったユーザーの不安を助長させる内容も確認されているようです。

現在までに公開されているURLが下記です。

  • http://●●●●.com/4000.html
  • http://●●●●.com/600.html
  • http://●●●●.249.88/~jpmitsun/MUFG/[英数字]
  • http://www.●●●●.com/mkdir/MUFG/[英数字]
  • http://host17.●●●●.ae/~appmyidn/MUFG/[英数字]

MUFG カードをかたるフィッシング (2017/06/13)/フィッシング対策協議会より引用

三菱UFJニコスでは、「セキュリティに関するお知らせ」を公開し不審なメールへの注意を促しています。
【セキュリティに関するお知らせ】/三菱UFJニコス

<参照>
MUFG カードをかたるフィッシング (2017/06/13)/フィッシング対策協議会

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?