画像:鳥羽水族館HPより

2017年5月28日(日)深夜~29日(月)午後にかけ、三重県鳥羽市の鳥羽水族館のホームページが閲覧不可となっていたことが分かりました。サイバー攻撃によるものと考えられています。

同館では2015年11月にもサイバー攻撃を受けており、県警が重点的に監視を行っていたこともあり、今回の異変もサイバーパトロール中の警官により発見されたとのことです。

28日夜には、Twitter上に同館HPのアドレスと「人間の娯楽で奴隷になったイルカのために」との英文での投稿が確認されており、捜査が続けられています。

世界的ハッカー集団アノニマスは、イルカ・クジラ漁への抗議活動として、水族館や漁業団体に対しサイバー攻撃を幾度となく繰り返しており、今回の攻撃に関してもアノニマスによるものとの見方が強まっています。

<参照>
鳥羽水族館HPにサイバー攻撃 「イルカのため」投稿も/朝日新聞DIGITAL

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?