画像:Yahoo! Mail

アメリカYahoo!のメールサービスに使用されていた画像処理ツール「ImageMagick」に脆弱性が発覚し、添付の画像を他人に盗み見される恐れがあったことが明らかになった。この問題を受けて、同社は「ImageMagick」を引退させることにしたという。

「ImageMagick」の脆弱性を発見したのは、セキュリティ研究者のクリス・エバンズ氏。脆弱性を悪用された場合、初期化されていないメモリを利用してサーバサイドメモリを流出させることが可能で「Yahoo! Mail」に添付された画像を他人がYahoo!のサーバから入手できてしまう恐れがあった。

エバンズ氏は、自分宛てに脆弱性悪用ファイルをYahoo! Mailに添付して送信し、受信したメールの添付画像をクリックしてプレビューを表示させるデモで攻撃の手口を紹介した。「私のブラウザに配信された画像は、初期化されていない、あるいは過去に解放されたメモリコンテンツをベースとしている」と解説している。

同氏によるこの報告を受けてYahoo!は、「ImageMagick」を引退させることを決定した。また、エバンズ氏にはYahoo!より1万4000ドルの賞金が贈呈されることになったが、同氏が慈善団体への寄付を表明すると、Yahoo!は賞金額を倍の2万8000ドルに増額した。

<参考>米Yahoo!、メール添付画像流出の脆弱性に対処 「ImageMagick」は引退/ITmedia

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?