サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

IPA|届出・相談状況公開「Downadウィルス」「偽警告」が急増中



画像:情報処理推進機構(IPA)より

IPA/2017年第1四半期/ウイルス検出の推移

2017年4月24日、情報処理推進機構(以下IPA)は、2017年第1四半期(1月~3月)におけるコンピュータウィルス・不正アクセスの届出状況及び相談状況のデータを公開しました。

今期最も検出された不正プログラムは「Downloader」で、全体の65.9%を占める81,804件が検出されています。しかし、前四半期と比較すると大幅な減少傾向にあるとのことです。

ウィルスの検出に関しては「W32/Downad」が5,677個検出されており、前四半期の85個に比べ約67倍の増加です。

また、これらウィルス・不正プログラムの検出経路としては、これまで同様「メール」が最も多く、今期では全体の約87.8%を占める結果となっています。それに次いで「ネットワーク」からの侵入が全体の約5.3%です。

実際のセキュリティ相談の状況は

情報セキュリティ安心相談窓口への相談状況で、今期相談件数が多かった内容は「ウィルス検出の偽警告」で、829件の相談が寄せられています。この手口に関しては前四半期も同様に833件の相談があり、継続して注意が必要と考えられます。

2016年第2四半期(4月~6月)に相談件数が増加した「ワンクリック請求」に関しては、それ以降減少傾向にあり、今期の相談件数は388件となっています。スマートフォンを対象とした手口も注意喚起が多くなされていましたが、こちらも同様に減少しているようです。

<参照>
コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況[2017年第1四半期(1月~3月)]/独立行政法人情報処理推進機構

企業向けインフラエンジニア講座 個人向けエンジニア研修






書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。