画像:情報処理推進機構(IPA)より

IPA/2017年第1四半期/ウイルス検出の推移

2017年4月24日、情報処理推進機構(以下IPA)は、2017年第1四半期(1月~3月)におけるコンピュータウィルス・不正アクセスの届出状況及び相談状況のデータを公開しました。

今期最も検出された不正プログラムは「Downloader」で、全体の65.9%を占める81,804件が検出されています。しかし、前四半期と比較すると大幅な減少傾向にあるとのことです。

ウィルスの検出に関しては「W32/Downad」が5,677個検出されており、前四半期の85個に比べ約67倍の増加です。

また、これらウィルス・不正プログラムの検出経路としては、これまで同様「メール」が最も多く、今期では全体の約87.8%を占める結果となっています。それに次いで「ネットワーク」からの侵入が全体の約5.3%です。

実際のセキュリティ相談の状況は

情報セキュリティ安心相談窓口への相談状況で、今期相談件数が多かった内容は「ウィルス検出の偽警告」で、829件の相談が寄せられています。この手口に関しては前四半期も同様に833件の相談があり、継続して注意が必要と考えられます。

2016年第2四半期(4月~6月)に相談件数が増加した「ワンクリック請求」に関しては、それ以降減少傾向にあり、今期の相談件数は388件となっています。スマートフォンを対象とした手口も注意喚起が多くなされていましたが、こちらも同様に減少しているようです。

<参照>
コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況[2017年第1四半期(1月~3月)]/独立行政法人情報処理推進機構

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?