画像:東商マート公式ホームページより

業務用食品のネットスーパー「東商マート」が不正アクセスを受け、クレジットカード情報含む顧客情報が一部流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営する東洋商事株式会社によれば、同社に業務用アプリケーションソフト機能を提供している事業者から連絡があり、2017年4月11日に判明した。3 月 31 日 23 時頃から4 月 10 日 13 時頃までの期間「東商マート」において、複数回にわたり管理画面への 不正なアクセスがあり、不正アクセスに気づいたとのこと。

アクセス可能となっていた顧客情報は 49,468 件。システム上で管理されている顧客情報および取引情報には、氏名・住所・電話番号・メールアドレスが含まれていた。
なかには、4 月 9 日 21 時から4 月 10 日 11 時 30 分頃までの間にカード決済を行った顧客のクレジットカード情報2件の取得を試みた形跡もあったという。

これらの不正アクセスは、送信データに命令文を紛れ込ませてデータを取得する「SQL インジェクション」という攻撃手法に起因するものと判明している。

4 月 10 日に該当する IP をブロックするとともに、問題のある全ファイルの隔離、パスワード変更等、アプリケーション側の脆弱性の対応を行ったとしている。

情報が流出した可能性のある顧客に関しては、順次個別連絡をすると同時に専用ダイヤルによる問い合わせ窓口を設置し対応する。

<参照>
弊社通販サイトへの不正アクセスによる個人情報流出の可能性についてのお知らせ/東洋商事株式会社(PDF)
不正アクセスで顧客情報4.9万人流出の可能性 - 東商マート/Security NEXT

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。