米Googleの持ち株会社Alphabetの傘下であるJigsaw(以下ジグソー)が、選挙戦を対象としたサイバー攻撃対策サービスの無料提供を開始しました。

ジグソーは、Googleのシンクタンクとしてこれまでテロ対策やオンラインセキュリティの分野において様々なサービスを展開してきましたが、2016年11月8日に行われた米大統領選では、関係者の電子メールに対する不正アクセスやその他政治的なサイバー攻撃が急増し、またGoogle上で拡散された「フェイクニュース(偽記事)」についても多くの非難がなされました。

この様な状況を受け、ジグソーでは「プロテクト・ユア・エレクション」というパッケージサービスを選挙組織に対し無料で提供するとのことです。今後予定されているフランス・韓国・ドイツ等の選挙戦での攻防が注目されています。

<参照>
グーグルと姉妹企業、選挙のサイバー攻撃対策を無料で提供/REUTERSロイター

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。