2017年2月7日、情報処理推進機構(IPA)は、WordPressの脆弱性をついたWEBサイト改ざん被害の急増を受け、注意喚起を行いました。

2017年2月10日、米国Threatpostに掲載された情報では、改ざんが行われたサイトは150万件を超えているとのことです。

IPAでは、脆弱性を修正した「WordPress 4.7.2」への早急なアップデートを行うよう呼びかけを行っています。

事件概要

WordPress.orgが提供する「WordPress」は、全世界で使用されるオープンソースCMSです。

今回、「WordPress 4.7.0」から「WordPress 4.7.1」のバージョンにおいて、REST APIの処理に起因する脆弱性が確認されており、第三者によるコンテンツ改ざんが多数行われています。

脆弱性を解消した最新版「WordPress 4.7.2」に更新する事で、改ざん被害は防げます。

<参照>
WordPress の脆弱性対策について/情報処理推進機構

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?